理事長挨拶

理事長紹介
西山 よう子 (福岡県出身)
1963年生まれ  50歳
健康に関する仕事を長く続ける中でリンパマッサージと出会う。自らの体感でリンパマッサージの素晴らしさを知り、2010年にセラピスト、インストラクターの資格を取り自宅サロンを開業。
セラピストとして手技を磨くとともに、育成にも努力して仲間を増やし、同じ夢を持つ仲間と共に一般社団法人日本コムサメクリエアソシエーションを2年足らずで設立。
常に努力と感謝の気持ちを大切にし、物事に恐れず突き進む女性です。
子供のころお腹が痛くてたまらない時、お母さんに抱かれて優しく擦ってもらうと不思議に痛みが和らいでよくなった・・・そんな経験はありませんか?
痛いところを擦りながらよくなってほしいと心から願う母親の愛情、その思いが手のひらを通して伝わるのです。それが本当の「手あて」なのです。
セラピストの手技の原点は、その母親の「手」なのではないでしょうか。
コムサメクリエアソシエーションはとにかく「手(手技)」と「人の思い」に拘ります。なぜなら施術者のこころがそのまま、その手のひらを通して伝わるからです。常にお客様のこころに寄り添い、母親のような大きなこころを持ったセラピストであってほしいと思っています。
本来、人は自然のリズムの中で命を育んできました。生命活動に不可欠な水や空気、さらに、衣・食・住という私達を支える生活環境も自然との調和がありました。
私達は人、自然、社会・・・すべてのものと関わって寄り添って生きているのです。
私達はすべてのものと関わり合いながら生きていくのです。
だからこそ私達は、優しさや思いやりのこころを持った人間でなければならないと思います。
また、協会では私達自身のカラダの事についても学びます。小宇宙とも言われる人間のカラダの素晴らしさ、秘めたる尊さを知れば、ますます愛おしく、優しくなれるはず。
素直に、ありのままに、人と寄り添い、自然と寄り添い、社会と寄り添う。そんな優しさを持った仲間でありたいと思います。
楽しく学ぶ、心を育む・・・それがコムサメクリエアソシエーションのモットーです。